花きの長期保管技術実証事業について

※本実証事業は以下の日程にて終了とさせて頂きます。
 ■花材受け入れ(ご出荷)については、6/9(火)大田花き到着分まで受付とさせて頂きます。
 ■モニター参加申し込みについては、6/12(金)大田花き引取り及び発送分まで受付とさせて頂きます。
詳しくは、「花きの長期保管技術実証事業終了のお知らせ」をご覧ください。



〇事業の趣旨
 花きの輸出や国内需要を拡大するため、鮮度品質管理の実証を行い、花を活用できる期間が
 長期化できる諸条件を把握し、今後の花き生産・流通・販売に活かす。

本実証事業は、農林水産省の補助事業を活用し、広く花き生産者の最終的な利益をもたらす為に行う、長期保管技術実証事業です。
国内における切花・鉢物の全生産者の皆様にご利用頂きたく、日頃のお取引にかかわらず、是非とも、大田花きのプロジェクトにご参加ください。


〇事業概略

info_maffpj_03

花きの長期保管技術実証事業の原料の提供について

 標記事業で活用する原材料の提供を募集します。
 御協力いただける方は下記の募集要項をご確認いただき、お申込みください。

〇原材料の活用コース
コース1のみ、コース1および2、のいずれかをご選択いただけます。 (※比較対象試験(コース2)のみの応募はできません)

コース1.長期保管実証
    大田花きに原材料を提出していただき、大田花きで長期保管実証を行った後、モニター調査を行います。
    (モニター調査場所は大田花きにて募集します。長期保管実証の場所を提供できる場合はご相談ください。)
コース2.比較対象試験
    長期保管実証と比較するため、長期保管を行わず、モニター調査を行います。
    (モニター場所は、あらかじめ申込者側で決めて頂きます。

〇原材料の要件等
【対象品目】
      特に制限はありませんが、卒業式・送別会等のイベントでキャンセルを受けた花材などを
      想定しています。(※規格は一般に流通可能な規格・荷姿とします)
【申込み可能量】
      1申請あたり、コース1は上限100c/s、コース2はコース1の申込量を上限とします。
【提供場所】
      コース1:大田花きへ ※大田花きまでは、申込者にて配送をご手配いただきます。
           (長期保管実証の場所を提供できる場合はご相談ください。)
      コース2:直接申込時に記載した活用場所へ

【原材料価格】
      過去3年間の全国卸売価格平均の1/2が上限となります。

〇申込方法:別添様式に記入し、実証事業事務局(大田花き)までご送付ください。
 受付時間:月~金 9時~13時まで


 『申し込み用紙:日持ち試験実証事業申込(Word形式)』

 お申込み・お問い合わせ:大田花き 実証事業事務局
 TEL 03-3799-5000  FAX 03-3799-1871
 Email maffpj@gw.otakaki.co.jp 

〇注意事項:
 ・3月13日以降、随時受付しますが、日々の受け入れ可能量に制限があるため、多くの方からご提供
  いただいた場合は全てを受け入れることができません。
 ・申請書は、1表日前の13時までにお送りください。
  13時以降に受入れ可能か否かのご連絡をさせていただきます。
 ・ご応募いただいた中から、提供をお願いする場合のみ事務局よりご連絡いたします。
  あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
 ・原材料の提供が予定量を超えた場合に本事業は終了となります。
  その際は大田花きHP【https://otakaki.co.jp】 にてお知らせいたします。


花きの長期保管技術実証事業で取り扱う花きの活用場所の提供・モニター協力について

 本事業では、実証に使用した花きを実際に飾っていただける、モニター(公共施設等)を募集します。

本事業では、【コース1】長期保管された原材料、【コース2】比較対照調査(長期保管しない)の花材があり、それぞれの参加方法は次の通りとなります。(※配布用としての用途では受付できません)

【コース1】のモニター参加・実施手順
 1.活用できる花きの情報(花きの品目、量、入荷日等)については、以下をご参照ください。
   情報は、日々更新してまいります。
   以下の情報をもとにモニター(花きの活用)の意思をご決定ください。
   ※原材料は長期保管技術の実証対象品のため、あまり日持ちしないもの、品質が劣るものがあることをご承知おきください。
zaiko0608
6月9日10時現在
※基本的に品種指定、色指定での対応は致しかねます。
※オリエンタルユリは、箱サイズが規定外の為、発送は致しかねますので、ご了承ください。

 2.モニター申込み:
   モニターを希望する場合は、別添申込様式に記入し、事務局(大田花き:実証事業事務局)までメール又はFAXをご送付ください。
   ※受付時間: 月~金 9時~13時まで
   『コース1お申込み者用申込書(Word形式)』
   ※突然のキャンセルは事業の実施に支障をきたしますので、確実に受け入れることが確定した段階でお申込みください。
   ※原材料の申し込みは、情報掲載されている箱(c/s)単位での受付となります。

 3.モニター決定のご連絡:
   モニターとしてお願いする場合は、事務局から申込者にメール又はお電話にてご連絡いたします。
 4.原材料の受取:
   モニターは、3で連絡する予定日時に大田花き花ステーションにて花材の受取りをお願いいたします。
   ※(花材は無料です)
 5.モニター調査の実施:
   モニターは申込時に記載した活用場所で花きを飾り、調査(花材の状況、来訪者の反応、写真撮影等)を行います。
 6.調査結果報告:
   調査結果を別記様式のアンケート用紙にご記入いただき、花き活用終了後すみやかに事務局までご提出ください。
  『モニター参加実施報告書(Word形式)』

【コース2】のモニター参加・実施手順
 コース2は、基本的な手続きはコース1と同様となりますが、原材料の提供者との調整になります。
 花の生産・出荷を取り扱っている各都道府県の提供者の情報をお伝えいたしますので、詳細は事務局までお問い合わせください。


 お申込み・お問い合わせ:大田花き 実証事業事務局
 TEL 03-3799-5000  FAX 03-3799-1871
 Email maffpj@gw.otakaki.co.jp