LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2021年06月28日

7月の花 なでしこ~精神的疲労が和らぐ~

therapy_202107

7月の花 なでしこ
花言葉 つつましい
精神的疲労が和らぐ

6月14日関東甲信地方では、平年より一週間遅い梅雨入りとなりました。
梅雨入り後は、じめじめした雨模様が続いていますが、7月23日のオリンピック開会式の頃には、梅雨明けし、本格的な夏の到来が予想されます。 暑さのなか、オリンピックが開催されますが、コロナ禍でもあり、家のテレビで観戦することになりそうです。

いずれにせよ、急に暑くなると体が慣れていないため、だるい、頭が重くてスッキリしないといった症状に悩まされることがあります。加えて、夏は花選びに悩むことがありますが、比較的暑さに強いなでしこをおすすめします。

ナデシコとは一般にナデシコ属の栽培種をいいます。ナデシコは見るからにきゃしゃな姿をしていますが、太陽が照りつける河原にも咲き、日本女性の代名詞になったくらいシンの強い花です。

万葉の時代に恋歌として多くの人に詠まれているナデシコの可憐な花姿とピンクの花色は、体にたまった熱気を静めて、清涼感を与えてくれます。また、ピリピリした神経をやさしく包み、安心感を与えてくれます。ほっとした気持ちになれば、それが明日への活力につながっていくはずです。帰宅して一番先に目に入る玄関やくつろぐ居間に5~6本、職場では緊張感から開放される洗面所などに2~3本飾ってください。花は次から次へと咲くので、咲き終わった花はこまめに摘み、水量は浅水にします。ちょっと気を抜くとバクテリアが発生して水が濁り、花もちが悪くなりますから、手入れに心をかけてあげましょう。

ナデシコ類を総称して、ダイアンサスと呼ぶことがありますが、これはギリシア語で「神の花」を意味しています。またナデシコとはなでたくなる子という意味で、愛らしい花の様子を表しています。



<投稿者 片桐義子>