LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2021年03月31日

4月の花 アネモネ~気持ちが前向きに~

therapy_202104

4月の花 アネモネ
花言葉 明日にむかって
気持ちが前向きに

東京では、3月14日のホワイトデーの日に靖国神社の標本木のサクラの開花宣言が発表され、下旬には各地のサクラが満開となりました。1月の寒さがサクラの休眠の打破を促し、2月3月が暖かい日が多かったことが開花を早めたようです。昨日、長野でも咲き始めたと姉が報告してくれました。サクラは入学式というイメージがありますが、今年は卒業式も祝っているかのように咲いています。

4月の花は和名でボタンイチゲ、ハナイチゲとも呼ばれているアネモネの登場です。
地中海生まれのアネモネは、紫、紅、白、桃色などの花色、一重咲き、八重咲きと多彩で周囲を華やかに彩ります。そのあでやかな花姿から絵画の題材などとして多く用いられています。花びらは柔らかく大らかな感触。中でも赤色のアネモネは気持ちを前向きにし、活気づけてくれます。ギリシャ語で「風」を意味するアネモネは、物事が思うように進まないとき、そよ風のように張りつめた心をノックし、応援してくれます。規則正しい生活とバランスのとれた食生活を心がけながら身近に花色をまぜて飾ってみましょう。

今回アネモネの仲間のアネモネ・ブランダに出合うことができました。
アネモネ・ブランダは、主に地中海沿岸の東南部に分布し、一般のアネモネより背たけが低く、花径は4センチ程。野菊のような清楚でかれんな花姿に、心が洗われるようで、とても親しみを感じます。新品種の登場は楽しみですね。


<投稿者 片桐義子>