LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2017年06月30日

ユリ~安らぎとくつろぎを提供~

therapy_201707

7月の花 ユリ
花言葉 純潔
安らぎとくつろぎを提供

沖縄は梅雨が明けましたが、関東地方では本格的な梅雨の時季になりました。外は小雨が降っていますが、湿度が高く、家の中はジメジメしています。予報によれば、7月に入ると気温が急激に高くなるとのことで注意報が出されました。年々、四季の移ろいを味わえなくなっているように感じます。
今年は梅雨の楽しみの一つである我が家のアジサイの開花が遅く、近くによりよく観察してみると、花芽がついていない枝がたくさんあります。どうしたのかな?とても気にかかります。

さて今月の花はユリです。ユリは、たくさん生けても、たった1輪でも、存在感がある花です。男性的で雄々しく咲き誇るヤマユリ、女性的で清楚な趣のテッポウユリ、やさしく可憐なスカシユリ、美の競演かと思える華やかさをもつカサブランカなど、多様です。

テッポウユリの故郷は、奄美、沖縄諸島。横向きに咲かせたラッパ状筒形の花姿と、白い花色は、眺めているだけで怒りやいら立ちが静まり、すがすがしい気分にさせてくれます。印象的な甘い香りは、やすらぎとくつろぎを提供してくれます。ストレスがたまって神経が疲れてしまった時など、リビングルームのコーナーに1~2本飾ってみましょう。

スカシユリは、夏の暑さを爽やかさに変え、ほっとした空間作りに役立ちます。花弁が筒状ではなく、すきまがあるのが特徴です。華やかさと爽やかさを兼ね備え、明日への活力を呼びおこしてくれる花といえるでしょう。花色によりうける印象が随分違いますが、5~6本を玄関に飾ってみましょう。ヒバなどの緑を添えれば、清涼感がよりプラスされます。

ユリは、品種によって香りがあるもの、ないもの、大輪のもの、小ぶりのものなどさまざまです。花贈りに用いるときは、用途によって品種を選ぶことが大切です。

<投稿者 片桐義子>