LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2017年07月31日

ハイビスカス~パワーに満ちた花で元気に~

therapy_201708

8月の花 ハイビスカス
花言葉 愛の告白
パワーに満ちた花で元気に

7月19日関東甲信地方では、昨年より10日早い梅雨明けが宣言されました。前日の18日は、我が家の周辺にヒョウがふり、驚かされました。窓にあたる雨音が余りにも大きく、異常な音がしているのでカーテンを開けてみると、車の屋根に直径3センチくらいの氷の塊が跳ね返っている様子に、あわててシャツターを閉めましたが、時遅し、一部床がずぶぬれになってしまいました。7月末には、台風が近づいているという情報もあります。豪雨による被害が出ないことを祈るばかりです。

これから本格的な暑さが到来します。暑いからといって冷たい飲み物や食べ物ばかりをとっていては、胃腸がダメージをうけ、食欲不振におちいってしまいます。意識して温かいものを食べるよう心がけたいと思います。庭の花々の水遣りも朝晩の涼しい時間帯にやるようにしています。真夏日の日中は、なるべく外出を控えるようにしていますが、外出をしなければならないときは、水と経口補水液を持参するようにしています。

今回はパワーを与えてくれる花、ハイビスカスをとりあげました。
アオイ科のハイビスカスは、ハワイでは州花、マレーシアでは、国花になっています。鮮やかな花色と大きな緑色の葉との取り合わせが美しく、心に潤いを与えてくれます。南国生まれのパワーに満ちた花は「あと一息」というときに後押し、元気付けてくれます。さらにハイビスカスのもつ強い「気」は、自律神経を調整し、体力アップに役立ちます。日本の夏は蒸し暑く、かなりの人が体力を消耗してしまいます。その上、クーラーによる人工の冷気で、体のバランスが崩れやすく、夕方になると疲労感や脱力感が倍増します。ハイビスカスの赤の鮮明な花色や、花木が持つ強いパワーが血液の循環を促し、体力回復の手助けをしてくれるでしょう。五弁の大輪の花の命は短く一日花ですが、直射日光の下では、次から次へと咲き続けます。疲れを感じたら、青空の下で咲く花を思い浮かべるだけでも効果的です。自ら育てれば、花はいっそう期待に応えてくれるでしょう。

<投稿者 片桐義子>