LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2019年05月31日

グロリオサ~活力と自信を与えてくれる~

therapy_201906

6月の花 グロリオサ
花言葉 情熱
活力と自信を与えてくれる

沖縄では5月17日に梅雨入りしたようですが、その後、真夏のような暑さが続き、爽やかな5月を味わうことなく、6月を迎えてしまったような気がします。この暑さに、体調不良になった方もいらっしゃるのでは・・・。自身も食欲不振になったり、熱中症気味になったりしましたので、早寝、早起きを心がけ、生活のリズムを出来るだけ整えるよう努めているところです。

さて今月の花はグロリオサです。
細長い6弁の花びらが波うって外に反り返った姿と花色は、活力を与えてくれる「陽」の花といえるでしょう。人間の体は朝夕では活動エネルギーの量が違い、夕方になるとエネルギーが減少し、疲れやすくなります。とくに胃腸系が弱まると食欲が減退し、体力や気力が低下します。血液の流れが滞り、肩がこる、ぐっすり眠れなくて翌日も体がだるいときなど、グロリオサのもつエネルギーが足りなくなった「気」を補い、体力増強に役立つような気がします。

さらにこの個性的な花姿を見ていると、内に秘めた好奇心が刺激され、一歩前へ進みたくなります。マンネリ化した生活を少し変えてみたい、活気がほしいときなど、この花をそばに置くと自信がわいてくるようです。花は数本まとめて生けると効果的です。生けるとき、揺れてバランスがとりにくく苦労しますが、生け終わったあとの爽快感は格別です。

グロリオサはユリ科グロリオサ属の多年草。原産地はアフリカ・熱帯アジアで、わが国へは1907年頃に渡来しました。和名でキツネユリ、ラテン語で「栄光」を意味します。茎は半つる状で葉の先が尾状の巻きひげになり、ほかのものに巻きつくことからクライミングリリーとも呼ばれています。花色は赤のほかに赤紫、白、黄色などがあり、洋風のアレンジだけでなく和室に飾ってもよくマッチします。グロリオサは疲労回復に役立つと共に、外へ向かうパワーを与えてくれる花といえます。


<投稿者 片桐義子>