LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2020年01月31日

キンギョソウ~未来が明るく~

therapy_202002

2月の花 キンギョソウ
花言葉 やすらぎ
未来が明るく

暦の上では2月4日は立春ですが、これから寒さは一段と厳しくなります。また受験シーズンでもあり、受験生には体調を整え、がんばってほしいものです。 そこでおすすめしたいのが、キンギョソウの花。

キンギョソウは、地中海沿岸が故郷で、ひとつひとつの花が、金魚が口をあけて泳いでいるように見えるユニークな花で、目にすると思わず笑みを誘われます。加えてふくいくとした甘い香りと、パステル調のやさしい花色が、リラックスし、落ち着いた気持ちへと導いてくれます。ピンク、クリームなどやさしい色合いの花を選び、リビングや玄関などに飾ってみましょう。部屋全体が暖かな明るい雰囲気に包まれ、未来が明るく感じられるようになるでしょう。

さらにキンギョソウは、人間関係をスムーズにしてくれる花でもあります。
すべての人間関係をトラブルなしにうまくやっていこうと願っていても、無理な場合があります。いつも顔をそむけていたり、ビクビクしていたのでは、毎日が楽しいはずはありません。そんな状態にならない前に、キンギョソウの花を飾ることをおすすめします。ユニークな花姿のキンギョソウの花は、人間関係のストレスで、体調が悪く「笑顔を忘れそうな人」を励まし、勇気付けてくれます。眺めていると、人間関係に悩んでいる自分が小さく思え、悩みが小さくなるような気がします。

キンギョソウを飾る時は、水につかる部分の花は取り除きますが、その花をお風呂に浮かべて、遊ばせてみるのも楽しいものです。気分を少し変えることで、自分を客観視する余裕さえ出てくることもありますから・・・。


<投稿者 片桐義子>