LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2018年11月30日

ガーベラ~心にゆとりが生じる~

therapy_201812

12月の花 ガーベラ
童心にかえる
心にゆとりが生じる

2018年は自然災害等が多い一年でした。被災された方々には、あらためてお見舞い申し上げます。
日々寒さがつのる季節ですね。東京の目白道路沿いのイチョウ並木が黄色に色づくのを見るのが楽しみで、先日、車で通ってみましたが、黄色に色付いているのは例年より少なく感じました。暖冬の影響でしょうか?
12月は一番忙しい月であり、気ばかり焦って、心が落ち着きません。そんなときこそ、幼い頃の思い出に誘ってくれる花「ガーベラ」を飾り、静かに自分とむきあってみませんか。ホッと心が和む方もいらっしゃるのでは?

南アフリカで発見されたガーベラは、花姿が可憐で別名花車とも呼ばれ、感情のコントロールに効果的です。体がだるい人や人間関係に疲れている人にもエネルギーをくれるようです。
赤いガーベラには、血のめぐりをよくする作用が期待できることから、眺めているうちに体が温まります。自信を失いかけたときに観賞すると、少しずつ心にゆとりが生じ、力がわいてくるのを実感できるでしょう。
黄色、オレンジ色のガーベラには胃腸系の疾患を改善する効果があります。胃腸を中心とした消化機能を回復させると気力も体力も充実してきますから、不快な症状を効果的に改善でることにつながります。
飾るときは再生のパワーが強いゲイラックスやヤッデなどの葉ものを添えると、ガーベラのやさしい「気」をさらに引き出すことができます。


<投稿者 片桐義子>