LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2017年03月01日

オンシジウム~新しい一歩を!~

therapy_201703
3月の花「オンシジウム」
花言葉 うららか
新しい一歩を!

寒暖の差が大きく、朝の寒さは体に堪えますが、3月になると、日本列島も少しずつ寒気がゆるみ、日ざしのぬくもりを感じるようになるでしょう。この時季、目にはいるのが黄色い花。残雪をわる様に地面から顔を出すクロッカスは春を告げるメッセンジャー。小さな植物の力強い生命力を実感します。黄色い花は、人の心を明るく伸びやかにし、全身の活力を呼び覚ましてくれます。

オンシジウムもその中のひとつ。
和名を「むれすずめらん」と小鳥が群れ飛ぶ様子にも見立てられた親しみのある名がついています。枝振りは柔らかく、素直にとけ込める花。小さな蝶が舞うように咲くオンシジウムは眺める人の体を芯からあたため、新陳代謝を活発にする働きが期待できます。

胃腸系にも効果的なことから、体力維持にも役立ちます。さらにオンシジウムは、生きる知恵をたくさん持った花。原種はジャングルの樹の上に着生し、水分や養分を体にたくわえる方法、動物から身を守る方法、子孫を残すためなどあらゆる努力をしています。花が長期間咲いているのもうれしいですね。特に年度末は、気分を新たにするためにも、身近に生命力の強い花を飾り、活力を補うことをおすすめします。

花が下から上へと順次咲き上がっていく姿を眺めている間に気力がわき出て、以前にも増し、元気なあなたになれるはずです。鉢植えの場合は、カーテン越しに日の当たる窓辺などに、切り花の場合は、気温の低い場所に置くようにしてください。

<投稿者 片桐義子>