LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2018年09月29日

アスター~気持ちが楽になる花~

therapy_201810

10月の花 アスター
花言葉 美しく変身
気持ちが楽になる花

北海道の地震や台風で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

静かな住宅街に子供たちの歓声が響き渡ってきました。軽快な音楽に引き寄せられ足を運んでみると、運動会の練習をしている姿が目に入りました 。春に運動会を行う学校が増えていると聞きましたが、10月は運動会シーズン。澄みきった青空のもとで開催されるといいですね。

さて、今月の花はアスター。やさしい風合いが疲れを癒すのにぴったりな花といえます。

アスターといえば、子供の頃育った信州の家の庭にもたくさん咲いていました。和名を「エゾギク」、中国原産ということからチャイナアスターとも呼ばれています。誕生してから数百年以上もの長い歳月が流れ、その間に改良が重ねられ、花色も赤、ピンク、紫、青、白、黄色などと増えました。また、咲き方も一重咲き、八重咲き、アネモネ咲き、ポンポン咲き、菊咲き、バラ咲きなど多彩で、今では数百にものぼる園芸品種が登場しているそうです。

先日、おしゃれな「シャギー」系アスターに出会い、その繊細な美しさに心を奪われてしまいました。
ある辞典によると、改良の過程で他属を交えず一種から多数の品種が生まれたアスターは特例ということです。アスターを手にすると菊の仲間特有の感触がします。さらに野菊のような可憐な花姿は、高ぶった気持ちを鎮め、精神を落ち着かせる働きが期待できることから、この夏の暑さで疲労がたまっている方や血圧に不安を感じる方に飾ってほしい花といえます。

大きめの花瓶に紫の花を中心にピンクなど他の花色を数本添え、書斎や居間など目の届く場所に飾ってみましょう。オフイスやダイニングには枝を細かく分けて、背丈は短めに5~6本飾ってください。下葉は水に浸かると腐りやすいので取り除くことを忘れずに。


<投稿者 片桐義子>