LIVE!大田花き 市場情報、海外花き情報などをご紹介!

[]

2017年03月31日

アイリス~はつらつとしたスタートに!~

therapy_201704
4月の花「アイリス」
花言葉 リラックス
はつらつとしたスタートに!

3月21日東京では靖国神社の桜が5~6輪咲き、平年より5日早い開花宣言が出されましたが、その後花冷えの日が続き、3月29日現在2分咲きと報道されました。予報によるとまだ寒い日があり、しばらくは厚手のコートは手放せないようです。家の前を見れば、コブシの木に白い花が数輪咲き始めています。古くから人々は、コブシの開花を農作業を始める目安とし、花の向きで豊凶を予想したようです。

さて、4月は、新しい世界へ踏み出すとき。希望と喜びのなかで新生活をスタートする人も多いと思います。真新しいスーツ姿の新社会人などを見ると「がんばって!」と声援をおくりたくなりますが、多分日中は緊張の連続で、ベットに入っても神経が高ぶって、なかなか寝つけない・・・といった人もいるのではないでしょうか。睡眠不足が重なると、目がかすんだり、赤くなったりします。また感情の起伏が激しくなって、イライラしやすくなります。

そんなときに飾ってほしいのがアイリスの花。
アイリスの青紫色の花色と上品な花姿は、心を落ちつけ、睡眠不足から崩した体調を改善するのに効果的です。静かにゆっくり呼吸をしながら、眺めていると徐々に全身の緊張がほぐれてくるでしょう。さらに新年度は、なにかと人前で話す機会が増えますが、「緊張してうまく話せない。あがり症をなんとかしたい」と考えている人にもアイリスをおすすめします。

しなやかな剣状の葉、スラッと伸びた緑色の茎、その先に咲く清楚な青紫色の花が、精神状態を司る「肝」の気の流れをよくし、リラックスさせてくれるでしょう。職場のデスクなどの場合は背丈を短めに2~3本、会議室などには花姿をそのまま生かしシンプルな花瓶に5~6本、寝室には斜め横の見やすいところに1~2本飾ってみましょう。

アイリスはハナショウブ、カキツバタ、アヤメなどと同じアヤメ科アヤメ属の花です。ギリシア語で「虹」を意味する語源は、花色が青紫、白、黄色など多彩なことからつけられたようです。

<投稿者 片桐義子>