Eco & Quality 品質と環境への取り組み
採花日表示:しんせんむら

7月より採花日表示を始めました。


しんせんむらの完全有機栽培カーネーション


一般の栽培は、化学肥料と農薬によって行なわれています。
しんせんむらで行なっている完全有機栽培とは、土壌中の微生物の働きを利用した完全微生物栽培のことです。


土壌中の微生物は生きていますので、土壌消毒をすると死んでしまい、餌がなければ増えていくことができません。この微生物の餌は、完熟堆肥でないと悪い微生物に負けてしまいます。


完熟堆肥は、発酵菌で有機物を発酵させることで放線菌と有効菌を発生させ、一ヶ月毎に攪拌し一年かけて完熟させます。これが完全有機堆肥です。


しんせんむらではこの完全有機堆肥を使い、花持ち・花色の抜群なカーネーションを栽培しています。


しんせんむらは『人に優しい 地球に優しい』を合言葉に微量農薬完全有機栽培をしています。


しんせんむら一同


しんせんむら カーネーション

 



<< 産地取り組み一覧に戻る